Bugatti Veyron16.4 雑誌取材記事掲載
知られざるヴェイロンの詳密。ブガッティ・ヴェイロン 16.4フルディテール編 ROSSO [2007年6月号]
ブガッティ・ヴェイロン 16.4というクルマのキャラクターについて、前回の記事で少しはお伝えできたかと思う。そこで今回はそれを踏まえた上で、ディテール解説に挑戦したい。敢えてこれを『挑戦』と書くのは、これまで伝え聞いてきた解説を横に置き、なるべく目で見て耳で聞いてきたことだけを『ディープに』お伝えしたいからだ。
モルスハイムの森に見た、ヴェイロンの真実。 ROSSO [2007年5月号]
2007年3月1日と2日。私はフランス・モルスハイムのブガッティ本社にいた。ヴェイロン 16.4の試乗&撮影、そして本社及び近隣のミュージアムを取材するためである。16.4とはW16気筒4ターボを意味するもの。すなわち空前絶後のハイスペックスーパースポーツだ。本誌では今月と来月の2回に分けて、今まで明らかにならなかったその全貌をレポートする。

至極への扉。 GENROQ [2007年6月号]
400km/h超のパフォーマンスを発揮するヴェイロン 16.4は、ブガッティ一族が所有していたフランスのシャトーから生まれる。広大な敷地内にはファクトリーや悪路テストコースなどが設けられ、開発から整備、さらに顧客へのフィッティングも行われているのだ。数奇な歴史に彩られたブガッティというブランドを育んできた、風光明媚なアルザス・モールスハイムのシャトー・サンジャンこそ、ヴェイロン 16.4という新たな歴史を生むエンスージアスト羨望の地だ。
Bugatti Veyron 16.4 1001psに挑む。 GENROQ [2007年5月号]
遂に1001psを誇るスーパースポーツ“ヴェイロン”に本誌編集長が初試乗!ブガッティという伝説のメーカーが常に史上最強を謳ってきただけに、当然ながら中途半端な気持ちでは眺めるはずはない。フェラーリをも超越するオーバー1000psカーの実感をお伝えしよう。

モールスハイムにブガッティを訪ねる SUPER CG [創刊50号]
ブガッティの名を継承したVWグループは、新ブガッティ社の本拠地とヴェイロン 16.4の生産拠点をかつてエットーレ・ブガッティが所有していた荘園に置いた。SCG記者がその全貌を取材した。

Bugatti Veyron 16.4 ブガッティの故郷 Sea Dream [Vol.5]
昨年、日本初上陸となったブガッティ・ヴェイロン 16.4。本誌(06.VOL3)ではその華麗な走りをレポートしたが、今回はこのスーパーカーが生まれたルーツをたどる。

ドリームカーの舞台裏 ヴェイロンが育まれる世界とは? LEVOLANT [2007年7月号]
最高出力1001ps、最高速度は400km/h−。そんな昔なら夢のような数字を掲げてヴェイロンが公道を走り出してはや1年以上。最終的にはトータルで300台を生産する予定というが、このドリームカー、どんな環境で作られているのか?発祥の地でもあるフランスのブガッティの本拠を訪ねた。
2008年雑誌掲載
Independent & Authorised Importer of Bugatti
ニコル・レーシング・ジャパン株式会社